【解説】介護タクシーとは(2020年版)

【解説】介護タクシーとは(2020年版) 未分類
スポンサーリンク
いつも応援ありがとうございます!
いつも応援ありがとうございます!

【解説】介護タクシーとは(2020年版)

【解説】介護タクシーとは(2020年版)

介護タクシーのことを知りたいですか?

本記事では、管理者経験がある介護業界10年以上のだいタカが、「寝たきりの方」や「車いす生活の方」の移動手段である介護タクシーについてかんたんに説明します。

「病院の受診などで外出したいけど介護タクシーのことがよくわからない人」

「介護タクシーに興味がある人」は必見です。

介護タクシーの特徴

介護タクシーの特徴

介護タクシーは、普通のタクシーよりも体が不自由な人向けのタクシーで、以下の3つの特徴があります。

  1. 介護保険が使える場合がある
  2. 運転手が介護の介護の経験者か有資格者
  3. 福祉車両や福祉用具を利用・使用できる

1.介護保険が使える場合がある

介護保険が使える場合がある
710

介護タクシーを利用するときには、「介護保険を使う」か「介護保険を使わない」かを選ぶことができます。

介護保険を使う介護保険を使わない
利用前の準備要介護認定の申請。
ケアマネに依頼。
タクシー会社に依頼。
タクシー会社に依頼する
出発地点と目的地の条件ありなし
経由地の条件経由できないなし
利用できる人 の条件ありなし
運転手の条件介護の資格ありなし
車両について福祉車両福祉車両または一般車両
料金について介護保険が適用できる
(一部)
介護保険が適用されない
相乗りできないできる

それぞれ条件やメリット・デメリットがあるので、担当のケアマネがいる場合はまず相談しましょう。担当ケアマネがいない場合は、最寄りのタクシー会社に問い合わせればOKです。

2.運転手が介護の介護の経験者か有資格者

運転手が介護の介護の経験者か有資格者

当たり前のことですが、介護タクシーの運転手は業務中に高齢者と関わることが多いので介護の経験があります。

また、介護タクシーを利用する時に介護保険を使うのであれば、運転手は必ず介護の資格を持っています。しかし、 介護保険を使わない場合、運転手は介護の資格を持っていないこともありるので、知りたい時は事前にチェックしておきましょう。 

3.福祉車両や福祉用具を利用・使用できる

福祉車両や福祉用具を利用・使用できる

介護タクシー会社では、体の不自由な人が車に安心して乗り降りすることができるよう、特別な車両や道具を用意しています。

車椅子を持っていない方でも、介護タクシー会社から車椅子を限られる場合もあります。この場合、追加費用がかかることがあるので、こちらも事前に確認することもオススメします。

福祉車両のについて

福祉車両のについて

車の大きさは、「軽自動車」「普通車」「ワンボックス」の3通りです。

車の装備は、「スロープ」「リフト」「助手席回転シート」「手すり」「スライドドア」「ドアステップ」などがあります。

福祉車両のイメージ
軽自動車普通車ワンボックス

介護タクシー会社によって、所有している車種やその装備は違います。 

福祉用具について

福祉用具について

介護タクシーを使って外出する場合に使う主な福祉用具は「車椅子」「リクライニング車椅子」「ストレッチャー」「酸素吸入器」などです。 

まとめ

介護タクシーを利用する人の要望は様々で、場合によっては介護保険が使えたり使えなかったりします。ただ、体の不自由さなどで車での移動をどうしようかと思ったときには、ぜひ介護タクシーを検討してみてください。上手に利用すればたくさんのメリットがあります。

最後まで読んで下さってありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
未分類
スポンサーリンク
だいタカ介護のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました