【介護するなら必読】PCR検査の3つのポイント

介護環境
スポンサーリンク
いつも応援ありがとうございます!
いつも応援ありがとうございます!

介護をしていてPCR検査のことをもう少し詳しく知りたいですか?

本記事では、介護業界10年以上のだいタカが、

新型コロナPCR検査の知っておくべきことを解説しています。

PCR検査について知りたいなら、この3つのポイントだけ理解すればOKです。

1.ウイルスに感染しているかどうかがわかる

新型コロナウイルスのPCR検査について、1番重要なポイントは、

「検査した時に感染していたか感染していなかったかを知ることができる」ことです。

このPCR検査が必要な人というのはだいたい次の5パターンに分けられます。

  1. 感染が広がっている所にかかわる無症状の人・軽症の人
  2. 感染拡大の可能性が高い所にかかわる無症状の人・軽症の人
  3. 感染したかもしれないと思う症状がある人
  4. 医師から「検査の必要がある」と言われた人
  5. 安心を証明したい人・安心だということを確認したい人

この中で「5.安心を証明・確認したい人」だけは他のパターンとはちょっと違っていて、

感染した可能性がなくてもビジネスなどの都合上でPCR検査を希望するという

ちょっと特別なケースになっています。

たとえば、自分が介護技術研修に参加した時の講師が

「わたしは1週間前にPCR検査で陽性の結果が出ました。」

とアナウンスしたらどう感じるでしょう?

たぶん「あーこの人はちゃんと検査を受けているから大丈夫なんだな」と、

少しだけ安心できますよね。

でも、これには1つだけ落とし穴があって、

実はPCR検査の精度に対する知識が足りていない人ほど要注意なんです。

PCR検査の結果って、100%正確なんでしょうか?

もしもぜんぜん正しい結果が分からないのなら、検査する意味がなくなってしまいます。

「検査受けて、陰性の結果が出て良かった~」と喜んでたら、「実は結果が陽性で、

他の人たちにも感染させちゃった」なんて事になったら大問題ですよね?

ちなみに、大前提としてPCR検査そのものの正確性は高いです。

ただし、様々な理由によって検査の精度が下がる場合があります。

PCR検査の精度が下がる原因
①検体を取る場所にウイルスがいなかった(またはとても少なかった)
②検体が別人のと入れ替わってしまった
③ウイルスが体内に侵入したり人に感染したりしなかった。

なので、まずはどうやらPCR検査の精度は高そうだが100%じゃないらしいくらいの認識でいた方がよさそうです。

あとは、統計で「感染した人が検査を受けて“陽性”と判定されるのは70%前後。」「感染していない人が検査で“陰性”と判定されるのは約99%」と言われているので、この数字を参考にすればOKです。

PCR検査を受けると「結果が“陽性”なら感染はほぼ確定」「結果が“陰性”なら油断はできない(もしかしたら感染しているかも)」ということがわかる。

もし、「本当に新型コロナウイルスに感染したかどうかをはっきりさせたい」ならPCR検査を定期的に繰り返し受けることをオススメします。

感染者数が少ないままで経済的活動を段階的に再開できたニューヨーク州の事例でも、人口当たりのPCR検査数が世界最多だったことが良い結果に繋がったと評価されています。

2.検査の費用は0円から40,000円前後

PCR検査の費用については、

「①公費負担となる場合」と「②自費診療の場合」があって、

①は0円②は9,000円から40,000円くらいになります。

①公費負担の場合

厚生労働省が決めた「新型コロナウイルス感染症の症状があるとき」や「 医師がPCR検査をする必要があると判断したとき」は、医療保険が適用され、検査費用は公費負担になるので自己負担がありません。

ただ診察料や診断書の発行料、PCR検査以外の検査をした場合の費用はかかります。

診察料は1000円から2000円で、診断書の発行料は2000円前後が相場です。 

PCR検査以外の検査には「血液検査」や「胸部レントゲン検査」、「その他の感染症を調べる検体検査」「お薬の費用」などがあります。 

また、公費負担の場合の PCR検査を受ける場所は、帰国者・接触者相談センターや地域外来・検査センター、各都道府県が指定する医療機関になります。

②自費診療の場合

公費負担の場合に当てはまらなかった人が PCR 検査を受ける時は、全額実費になります。自費診療の検査費用は、9000円から4万円以上する場合もあり、自分で検査キットを使って検査機関に郵送する方法は安く、 PCR検査の自費診療をしてくれる医療機関に行く方法は費用が高くなります。

自費診療の場合も公費負担の場合と同じで、診断書の発行料や、PCR検査以外の費用がかかります。

3.検査の結果が出るまでは最短3時間

今回調べた中では、 PCR検査の結果は早くて3時間から検査当日中でした。ただ、結果が出るまでに2~3日くらいかかるというのが一般的なようです。

ただ、もしもPCR検査を受ける人がものすごく増えたら検査結果が出るまでの時間が伸びる可能性があるかもしれません。

最後に

新型コロナウイルス感染症により全国でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、観戦された方の1日も早い快復を心よりお祈り申し上げます。

また、介護医療従事者をはじめ、現場の最前線で日々奮闘されている全ての皆様に深く敬意を表し、厚く感謝を申し上げます。

PCR検査についてのポイントさえおさえ、いざという時のために備えておきましょう!

本記事が、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に少しでも役に立てば幸いです。 

最後まで読んで下さってありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
介護環境
スポンサーリンク
だいタカ介護のブログ

コメント

  1. zih*s*uppan* より:

    ブログランキング躍進していますね。
    応援の村ポチです。
    往復でポチッ!!

タイトルとURLをコピーしました